32

フランス・パリに拠点を置くホテルチェーンのアコーホテルズは、フェアモント・ラッフルズ・ホテルズ・インターナショナルとの合併を発表した。

フェアモント・ラッフルズ・ホテルズ・インターナショナルは、「ラッフルズ」、「フェアモント」、「スイスホテル」の3つのラグジュアリーホテルブランドから成り、世界34ヶ国で115のホテルを展開、計43,000の客室を有している。

この合併により、アコーホテルズのロイヤリティプログラム「Le Club AccorHotels」の会員は、シンガポールの「ラッフルズホテル」、ニューヨークの「ザ・プラザ」、ロンドンの「ザ・サヴォイ」、パリの「ル・ロイヤル・モンソー」といった有名ホテルへのアクセスが容易になる。

アコーホテルズは、「合併が完了するまでには数ヶ月を要するが、その間も会員のステータスや特典、予約スケジュールなどは変わらない。アカウント管理や予約などの方法も変わらず維持され、公式ウェブサイトやモバイルアプリ、カスタマーセンターなどを通じてこれまで通りのサービスが提供される」としている。

情報提供元:Hotelers
記事名:「アコーホテルズ、フェアモント・ラッフルズ・ホテルズ・インターナショナルとの合併を発表