世界の人々から選ばれる、東京・日本の新たなデスティネーションに

東京--(BUSINESS WIRE)--#チームラボボーダレス--(ビジネスワイヤ) -- 森ビル株式会社とチームラボが共同で運営する「MORI Building DIGITAL ART MUSEUM: EPSON teamLab Borderless」(以下、当館)は、2019 年6月21日(金)にオープン1周年を迎えました。



“Borderless”のコンセプトのもと、季節によってうつろう作品群や境界なくつながる世界は、ここでしか得られない『他者と共に創る体験』『身体をつかった能動的な体験』として来館者に驚きと感動を与え続け、オープン1年で、世界160ヵ国以上から約230万人の動員を達成しました。年間約230万人の来館者数は、東京国立博物館や金沢21世紀美術館など、日本の名だたる美術館・博物館に並ぶ記録です※1。約230万人の来館者のうち、訪日外国人割合は約50%※2に達しています。さらに、当館が実施したアンケート調査によると、来館した訪日外国人のうち約50%※3が当館を目的に東京を訪れたことが明らかになっています。

当館は東京・日本の新たなデスティネーションとして、臨海エリアの活性化にも大きく貢献しています。 オープン後、最寄り駅である新交通ゆりかもめ「青海」駅の乗降者数は前年比で約1.5倍に、隣接する商業施設「ヴィーナスフォート」の入館者数は約1.2倍に上昇しました。

※1

綜合ユニコム株式会社『月刊レジャー産業資料』2018年9月号、業態別・主要有料施設の年間入場者数トップ10「ミュージアム」部門データに基づく

※2

公式ウェブサイト チケット購入者データより(調査期間:2019年2月16日-6月7日)

※3

来館者を対象に実施したアンケート調査より(調査期間:2018年10月25日-11月2日)、回答者数1,237人

来館者の訪日外国人割合は約 50%

年間約230万人に占める訪日外国人割合は約50%に達し、160ヵ国以上におよぶ世界の国・地域から多くのお客様にお越しいただきました。訪日外国人の国・地域別割合は、1位アメリカ、2位オーストラリア、3位中国、 4位タイ、5位カナダ、6位イギリスと、近隣諸国のみならず、遠方の国からのお客様が多いことが特徴です。また、当館が実施したアンケート調査によると、来館した外国人のうち約50%が当館を目的に東京を訪れたことが明らかになっています。なお、年間約230万人の来館者数は、東京国立博物館や金沢21世紀美術館など、日本の名だたる美術館・博物館と並ぶ、国内トップクラスの記録です。オープン当初は、約3ヵ月にわたって前売りチケットが完売。現在でも開館前に数百名以上の待ち列ができる等、平日・休日を問わず、世界中から多くのお客様にお越しいただいています。

文化・アートの力で臨海エリアの活性化にも大きく貢献

当館が誕生したことで、お台場を含む臨海エリアへの来訪者が大幅に増加しました。最寄り駅である新交通ゆりかもめ「青海」駅の乗降者数は前年比で約1.5倍、隣接する商業施設「ヴィーナスフォート」の入館者数は約1.2倍に上昇しました。当館は、臨海エリアに従来とは違う新たな客層を呼び込み、周辺施設を含むエリア全体の回遊性を向上させ、臨海エリア全体の活性化に大きく貢献しています。


Contacts

【お問い合わせ】
森ビル株式会社
広報:高橋 一菜
borderless@mori.co.jp

情報提供元:
記事名:「MORI Building DIGITAL ART MUSEUM: EPSON teamLab Borderless 《オープン1周年》 世界160ヵ国以上から約230万人が来館