外務省海外安全ホームページ

厚生労働省は、中国・武漢で感染者が広がっている、新型コロナウイルスの患者が神奈川県内でみつかったと発表した。

この患者は、神奈川県在住の30代男性。1月3日に発熱があり、1月6日に帰国の後、医療機関を受診。武漢への滞在歴を申告していた。1月10日から入院し、15日に退院していた。国立感染症研究所で検体検査の結果、1月15日夜に陽性の結果が出たという。感染者が多く発生した、武漢の海鮮市場、華南海鮮城には立ち寄っていないという。

世界保健機関(WHO)によると、現時点では、持続的な人から人への感染の明らかな証拠はないという。この患者は肺炎患者と濃厚接触した可能性があるという。

情報提供元:Traicy
記事名:「武漢で発生の新型コロナウイルスの患者、国内で見つかる