上海航空(ボーイング737-800型機)

上海航空は、静岡〜温州線を2019年12月29日、週2便で開設した。

水・日曜の週2便を、ビジネスクラス8席、エコノミークラス155席の計163席を配置したボーイング737-800型機を使用して運航する。

温州は、浙江省東南沿岸に位置し、北部は台州市 南部は福建省と接する、浙江省三大都市の一つ。静岡都の間は、上海航空のグループ会社である中国東方航空が、2015年から2016年にかけて運航していたことがある。

これにより、静岡発着の中国路線は、上海/浦東経由武漢、寧波、杭州、煙台経由北京/大興、西安、連雲港、南昌線を合わせた10路線に拡大した。

■ダイヤ

FM892 静岡(12:10)〜温州(14:55)/日

FM892 静岡(12:50)〜温州(13:35)/水

FM891 温州(07:30)〜静岡(11:10)/日

FM891 温州(08:05)〜静岡(11:50)/水

詳細はこちら

情報提供元:Traicy
記事名:「上海航空、静岡〜温州線開設 12月29日から週2便