デルタ航空は、運航管理に人工知能(AI)を活用した独自のプラットフォームを今春に導入する。アメリカ・ラスベガスで開催中の家電見本市「CES2020」で展示している。

航空機の位置、客室乗務員の制約、空港の状況などを分析し、悪天候などの運航に支障が発生した場合に、想定される結果を提示することで、運航に関する意思決定を手助けする。事後分析にも活用できるほか、実際のデータを蓄積することでより良い選択肢を提示できるようになる。

デルタ航空のオペレーション&カスタマーセンターでは、最大で1日5,500便以上に及ぶフライトの状況を700人以上の従業員が監視し、フライトの遅延や欠航による影響を最小限に抑えるよう努めている。

詳細はこちら

情報提供元:Traicy
記事名:「デルタ航空、運航管理にAI導入 運航支障時に意思決定手助け