国土交通省

赤羽一嘉国土交通大臣は、1月7日に開いた会見で、プライベートジェット利用時の大型荷物の保安検査を1月6日より義務化したことを明らかにした。

これまでは、機長が必要性があると判断した場合に限り、保安検査を実施していた。1月5日に出入国在留管理庁から協力依頼があったことから、東京/羽田・東京/成田・名古屋/中部・大阪/関西の4空港のプライベートジェット専用施設で、保安検査を強化した。他の空港でも、大型荷物は特に注意した保安検査を実施し、不審な点があった場合には出国管理担当者などに情報提供を行うという。

プライベートジェットの保安検査について明記した国際ルールはなく、主要国でも一般の商用機のような検査が義務付けられていないという。

情報提供元:Traicy
記事名:「国土交通省、プライベートジェット利用時の大型荷物の保安検査義務化