アメリカ連邦航空局(FAA)

中東情勢の悪化に伴い、アメリカ連邦航空局(FAA)は、イラクとイランの領空、ペルシャ湾、オマーン湾上空を航空制限区域に設定し、アメリカの民間航空機の飛行を禁止した。

この他にも、中東地域を飛行するアメリカ以外の民間航空機も、イラン上空を迂回する措置を取るなどの影響が出ており、サウジアラビアやオマーン上空を飛行するルートに迂回している航空会社もある。

情報提供元:Traicy
記事名:「FAA、イラクとイラン領空やペルシャ湾・オマーンワン上空を飛行制限区域に設定