近鉄 ひのとり

近畿日本鉄道(近鉄)は、2月1日から特急列車を全席禁煙にする。

現在、特急列車には喫煙室の設置を伴う全席禁煙化工事が行われており、この工事が進捗したことや、4月1日施行の改正健康増進法を踏まえ、全席禁煙化を実施する。

観光特急「しまかぜ」や、伊勢志摩ライナー、アーバンライナー、さくらライナー、3月14日運行開始の「ひのとり」は、全列車で喫煙室を設置している。その他の特急列車も喫煙室を設置しているが、観光特急「青の交響曲(シンフォニー)」と、12200系車両「新スナックカー」は喫煙室が設置されない。

12200系車両で現在喫煙席として運行している車両は、2月1日から3月中旬まで車両整備を行うため、整備が済んでいない車両の特急券の発売を行わない。使用する車両は同じ時刻でも日により異なる。なお、12200系車両は特急列車の運用から2020年度末までに外れる予定であることが発表された。

また、喫煙室を設置している特急列車でも、改正健康増進法では屋内扱いとなる、大阪難波~大阪上本町駅間(地下線区間)と、近鉄奈良駅、近鉄名古屋駅、大阪上本町駅、京都駅、大阪阿部野橋駅の各駅に停車中の列車内でも、2月1日以降は列車内の喫煙室で喫煙ができなくなる。

詳細はこちら

情報提供元:Traicy
記事名:「近鉄特急、2月から全席禁煙化 12200系「新スナックカー」は20年度末までに引退