500ドットコム

500ドットコムは、12月31日、子会社の500ドットコムジャパンの元取締役と元顧問3人の役割を調査する特別調査委員会を設け、会長が辞任すると発表した。

チェン・ジュドン取締役会長は12月30日付けで辞任し、潘正明最高経営責任者(CEO)は、調査完了までの間、一時的に役職を離れる。取締役会長には産業情報技術省の電子情報部の副所長や清華ユニグループ出身のShengwu Wu氏、暫定CEOには、現最高技術責任者(CTO)のZhaofu Tian氏が就任した。

アメリカの株主代表訴訟の提起を専門とするジョンソン・フィステルやシャール法律事務所、ローゼン法律事務所などは、500ドットコムは連邦証券法違反の可能性があるとしており、損失を受けた投資家に対して代表訴訟に関する情報を提供している。1月2日の500ドットコムの株価は、11%近く急落した。

情報提供元:Traicy
記事名:「500ドットコム、特別調査委員会設置 会長辞任