コンカーは、スマートフォンで領収書を撮影するだけで、経費精算・管理クラウド「Concur Expense」にデータが自動入力される新機能「ExpenseIt(エクスペンスイット)」を、SAP Concurのモバイルアプリに搭載した。

OCR(光学的文字認識)で読み取ることで、支払先名、経費タイプ、金額、通貨、日付が自動判別される。ユーザーが修正した内容は蓄積され、利用が増えるたびに読み取り能力が向上する。

交通系ICカードをiPhoneにかざすことで、交通費のデータを読み取り、「Concur Expense」に自動入力できるアプリの開発にも着手している。これにより、従来の専用据え置きICカードリーダーを使用せず、データを取り込むことができるようになる。

情報提供元:Traicy
記事名:「コンカー、領収書撮影で経費精算ツールに自動入力できる新機能 「SAP Concur」アプリに搭載