ユニゾホテル新大阪

ユニゾホールディングスは、チトセア投資による株式公開買付け(TOB)に賛同すると、12月22日に発表した。

チトセア投資は、ユニゾホールディングスやグループ会社の従業員らが設立するチトセアと、ローン・スター関連会社が出資する投資会社により設立された会社。チトセアが73%、ローン・スターグループが27%の発行済普通株式を保有している。

買付け価格は、1株あたり5,100円。買付期間は12月24日から2020年2月4日まで。少なくとも発行済株式の3分の2以上の取得を目指す。

なお、TOBが成立し、チトセア投資による完全子会社化を条件に、ユニゾホールディングスやグループ会社の全取締役、監査役、執行役員43人は辞任する。さらに、配当や株主優待も取りやめる。

ユニゾホールディングスをめぐっては、エイチ・アイ・エスの敵対的TOBを発端にはじまった。その後、ソフトバンク系の投資ファンド、フォートレス・インベストメント・グループがさらに高い金額でTOBを開始し、ブラックストーン・グループもTOBを検討するなど、泥沼化していた。

情報提供元:Traicy
記事名:「ユニゾホールディングス、従業員と米ファンドがTOB 1株5,100円で