エアバスは、タッチスクリーンのコックピットディスプレイを装備したエアバスA350型機を、12月18日に初めて引き渡した。

初号機は中国東方航空が運航する。タレスと共同で開発したディスプレイで、6個のスクリーンのうち、左右の端2個と低位置にある中央スクリーン1個がタッチスクリーンとなり、エレクトロニック・フライト・バッグ(EFB)のアプリケーション利用時に、タッチスクリーン操作が可能となる。操縦席の前の引き込み式テーブルに設置された既存のキーボードと、中央コンソールのキーボード&トラックボールを補完するものになる。

11月に欧州航空安全庁(EASA)より型式証明を取得している。これまでに約20社がオプションとして選択した。

情報提供元:Traicy
記事名:「エアバス、タッチスクリーンのコックピットディスプレイ装備のエアバスA350型機を初引き渡し