JR西日本は、大阪駅西側を再開発し、新駅ビルを建設する。

大阪駅西側高架下に、各ホームにアクセスできる新たな改札口を設けるほか、大阪環状線ホームの西側への延長、ホーム上設備の高架下への移転集約も行う。さらに、バリアフリールートの整備のため、新改札口と各ホームとを結ぶエレベーター・エスカレーターも整備する。

新たな改札口周辺には、商業ゾーンを展開し、高架下にバスターミナルを新設する。さらに、オフィスや商業施設が入居する高さ120メートル、地上23階建ての新駅ビルを建設する。

作業行程は2020年春に工事に着手。2024年夏に新改札口の供用を開始し、同秋に新駅ビルを開業する。2027年春までに、順次高架下商業ゾーンやバスターミナルを開業する。整備に伴い、梅三小路とアルビアウトドアの既存の商業施設を閉館する。閉館時期は未定。

詳細はこちら

情報提供元:Traicy
記事名:「JR西日本、大阪駅西側を再開発 新改札口設置や新駅ビル建設を実施