アメリカン航空

アメリカン航空は、引退後のMD-80型機2機を寄贈すると発表した。

アメリカ・オクラホマシティのウィル・ロジャース・ワールド空港と、アメリカ・イリノイ州のルイス・ユニバーシティ空港に寄贈する。アメリカン航空は、2009年から2015年にかけて、アメリカ各地の博物館や学校に、MD-80型機8機を寄付している。

アメリカン航空では、「実践的な経験を積む機会を提供する」としており、寄贈を受けた学校ではメンテナンス、修理、オーバーホールといったMROについて学ぶために活用される。

MD-80型機は、マクドネル・ダグラス製の双発機。現在、マクドネル・ダグラスはボーイングに吸収されている。アメリカン航空では、国内線をはじめとした短距離路線の主力機として、1980年代から運航していた。9月4日をもって退役させている。

詳細はこちら

情報提供元:Traicy
記事名:「アメリカン航空、引退した2機のMD-80型機を寄贈