東武鉄道と東京メトロは、2020年6月6日より、東武スカイツリーラインと日比谷線の相互直通列車で座席指定制列車「THライナー」の運行を開始する。

東武伊勢崎線の久喜駅と、東京メトロ日比谷線の恵比寿駅を結ぶ列車。下りは霞ヶ関駅が始発となる。両社の速達性列車の相互直通運転は初めて。車両は東武鉄道の新造車両70090型を使用し、各座席にはAC電源、ドリンクホルダー、荷物フックを備え、Wi-Fiも提供する。

途中停車駅は、東武動物公園、春日部、せんげん台、新越谷、上野、秋葉原、茅場町、銀座、霞ヶ関、虎ノ門ヒルズ、神谷町、六本木、広尾の各駅。上りは東武スカイツリーライン内では乗車のみ、日比谷線の上野〜銀座駅間では降車のみ可能で、霞ヶ関〜恵比寿駅間はフリー乗降となる。下りは日比谷線内では乗車のみ、東武スカイツリーライン内では降車のみできる。

平日、土休日ともに上り2本、下り5本を運転する。

情報提供元:Traicy
記事名:「東京メトロ日比谷線と東武スカイツリーライン直通の座席指定列車、名称を「THライナー」に 来年6月6日運行開始