ナビタイムジャパンは、観光バス専用カーナビアプリ「バスカーナビ」の提供を、12月17日より開始した。

大型車の交通規制などを考慮したルート検索、運行計画、観光情報、大型駐車場検索といった機能などを搭載。検索できるルートは、「推奨」「一般優先」「有料優先」「景観優先」「道幅優先」の5種類で、車両情報に合わせて、道幅、高さ、曲がり角を判定して走行可能なルートを案内する。対応OSはAndroidのみ、料金は月額840円(税込)。

ナビタイムジャパンでは、2016年3月よりトラック専用の「トラックカーナビ」を提供しており、大型車向けナビゲーション開発ノウハウやIT技術を活かすことで、観光バス業界の業務効率化に貢献できることから、提供に至った。紙の運行指示書を電子化できるほか、経験が浅いドライバーでも安全かつ効率的に複数観光地を巡回することが可能となることから、業務負担の軽減にもつながるという。

情報提供元:Traicy
記事名:「ナビタイム、観光バス専用ナビアプリ「バスカーナビ」の提供開始