ボーイング737 MAX 10

ボーイングは、2件の墜落事故が相次ぎ、運航を停止しているボーイング737 MAXの製造を、2020年1月から停止する。

運航停止中も製造を続けており、約400機が引き渡されないまま保管されている。運航停止が長く続いた場合、生産計画を調整する可能性があることはすでに言及されていた。声明では、「長期的な生産システムおよびサプライ・チェーンの健全性を維持するうえで、最も影響が少ないと考えられる」とした。

影響を受ける従業員は、ボーイング737関連の作業を継続するか、一時的に他のチームに割り当てる。現時点でリストラなどを行う予定はない。

今後は、運航再開に向けた進捗状況を評価し、生産や引き渡しの再開を決定する見通し。

情報提供元:Traicy
記事名:「ボーイング、737 MAXの生産一時停止 来年1月から