オリックスカーシェア

オリックス自動車は、オリックスカーシェアの車両に、人工知能(AI)搭載通信型ドライブレコーダー「ナウト」を、12月16日から順次導入する。

2つのカメラが車内外を録画、検出し、運転の危険度をリアルタイムに分析して、ドライバーに警告音など危険を知らせることができる。この他に、車内での喫煙などの貸し出しルールに抵触する行為の抑止にもつながるとしている。

ながら運転やあおり運転が社会問題化したことにより、国内でのドライブレコーダーの年間出荷台数は、2016年度から2018年度の間に約2.5倍に増加している。

詳細はこちら

情報提供元:Traicy
記事名:「オリックスカーシェア、AI搭載ドラレコを順次導入