セブン・カードサービスは、電子マネー「nanaco(ナナコ)」のサービスを一部変更する。

12月20日より、寄付(ふるさと納税を含む)、募金、貸付金(ローン、融資など)の返済、クレジットカードご利用代金(ショッピング・キャッシング)の返済など、セブン‐イレブンでの収納代行サービスの一部で、nanacoによる支払いができなくなる。税金や公共料金は、引き続きnanacoでの支払いができる。

これまで、nanacoへのチャージでポイントが貯まるクレジットカードでnanacoにチャージし、公共料金や税金などをnanacoで支払うことで、クレジットカードのポイントを貯めることができた。一部の税金は、インターネット上からクレジットカードでの支払うができるようになったものの、クレジットカード利用代金などの一部の支払いでは、ポイントを貯める手段として、現在も利用している人が多い。

情報提供元:Traicy
記事名:「電子マネー「nanaco」でのクレカ利用代金や寄付の支払い終了 12月20日から