20191202_grandkiosk_nagoya

東海キヨスクは、「グランドキヨスク名古屋」を12月8日にリニューアルオープンした。

12月2日から7日までは通常営業しながら、商品を順次更新した。リニューアルでは、利用者がより快適に商品を選べるようにレイアウトを変更する。また、レジカウンター改良し、レジも1台増やすことで、よりスピーディー購入できるようになる。

20191202_grandkiosk_nagoya

広さは195平方メートル。土産、駅弁、おにぎり、パン、チルド飲料、チルド食品菓子、飲料、酒、雑貨を取り扱う。

お土産商品は、名古屋フランスcorpとHEART BREAD ANTIQUEとのコラボ商品「名古屋チョコふらんす」に加え、ブールミッシュの「西尾抹茶のフレンチワッフル」をリニューアルに合わせ新発売し、種類の充実化を図る。

弁当は、みりん粕漬で有名な、鈴波六行亭の「六行亭よろこび弁当」と「六行亭弁当」を期間・数量限定で販売する。また、賛否両論の笠原将弘・料理長が監修した「笠原流和風ひれかつ重」や、高級食パンで有名ない志かわが手掛ける「い志かわのサンドウィッチ(4切)」を新たに発売する。

営業時間は、午前6時15分から午後10時まで。

詳細はこちら

情報提供元:Traicy
記事名:「「グランドキヨスク名古屋」、12月8日にリニューアルオープン