JR東海は、東海道新幹線700系車両を2020年3月8日をもって引退させる。引退に合わせて、「ありがとう東海道新幹線700系」引退イベントを実施する。

最終列車は、臨時「のぞみ315号」で、東京駅を午前9時47分に出発し、新大阪駅には午後0時20分に到着する。指定席券の発売は、2020年2月8日午前10時より開始する。乗客には新横浜〜京都駅間の車内で、乗車記念品として、700系のC60編成8号車より抽出したアルミで製作したメダルと乗車記念カードを贈呈する。東京駅19番線で出発式、新大阪駅24番線で引退式を実施し、乗務員への花束贈呈や、くす玉開花などを予定する。

2020年2月12日から28日までの間、JR東海が所有するN700系2編成に、ヘッドマークとサイドステッカーによる車体装飾を実施する。ヘッドマークは1号車と16号車、サイドステッカーは1・5・9・15・16号車に貼付する。期間中には15本程度の走行を予定する。

このほかに、700系の団体専用列車に乗車できる旅行商品をジェイアール東海ツアーズなどの旅行会社から販売する。2月29日と3月1日に催行する。申込み者の中から抽選で、引退式典に来賓として招待する。

700系は、1999年に営業運転を開始し、これまで約20年間運転してきた。東海道新幹線では、2020年春のダイヤ改正までに全列車をN700Aタイプに統一し、全ての列車で最高速度を時速285キロとする。最新型車両のN700Sは、東京五輪前の2020年7月にも営業運転を開始することを予定している。

情報提供元:Traicy
記事名:「東海道新幹線700系、来年3月8日で引退 特別装飾実施、最終列車では記念品プレゼント