ルフトハンザ・ドイツ航空(エアバスA350-900型機)

ゲートグループは、ルフトハンザ・グループからLSGのヨーロッパ事業を買収する。

LSGが提供する、ヨーロッパ内での機内食のケータリング、ラウンジ、食品小売などの事業も含まれる。関連事業では約7,100人を雇用し、約11億ユーロの収益を生み出した。LASグループ全体の収益のうち約3分の1を占めている。売却はルフトハンザ・グループの純利益に大きな影響は与えないとした。

買収額などの詳細は非公開で、当局の承認も必要となる。また両社は、フランクフルト、ミュンヘン、チューリッヒの各拠点での長期的なケータリングパートナーシップを締結した。

ゲートグループは、機内食のケータリングなどを展開する企業で、世界60カ国・地域に事業を展開。年間7億人以上にサービスを提供している。2016年に海南航空の親会社である海航集団(HNAグループ)が買収したものの、本業の経営不振により、RRJキャピタルに株式を売却。2017年にはエールフランスKLMからサーブエアの株式を取得するしている。2018年には49億スイスフランの収益を得た。

詳細はこちら

情報提供元:Traicy
記事名:「ゲートグループ、LSGの欧州事業買収 ルフトハンザ・グループから