大型で非常に強い台風19号は、12日夕方から夜にかけて東海地方または関東地方に上陸する見込みで、既に本州の一部が暴風域に入ったとみられる。

大型で非常に強い台風19号は、12日夕方から夜にかけて東海地方または関東地方に上陸する見込み。東日本を中心に広い範囲で猛烈な風が吹き、猛烈なしけとなり、東日本では記録的な暴風や大雨、高潮のおそれがある。気象庁は、暴風や高波、高潮、土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に厳重に警戒するよう呼びかけている。

台風19号は、12日午前6時には八丈島の南西にあって、1時間におよそ20キロの速さで北へ進んでいるとみられる。中心の気圧は935ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は45メートル、最大瞬間風速は65メートルで、中心の東側370キロ以内と西側280キロ以内では、風速25メートル以上の暴風となっている(暴風域)。台風は、次第に進路を北北東に変えて、非常に強い勢力を保ったまま、12日夕方から夜にかけて、東海地方または関東地方に上陸する見込みだ。

既に東日本から西日本の太平洋側の海上では、非常に強い風が吹いている。12日から13日にかけて、北日本から西日本にかけての広い範囲で非常に強い風や猛烈な風が吹き、台風が接近・上陸する東海地方や関東地方を中心に記録的な暴風が吹く見込みだ。13日にかけて予想される最大瞬間風速は、東海地方と関東甲信地方で60メートルなどとなっている。また、東日本の太平洋側から沖縄地方にかけては、うねりを伴い大しけとなっており、伊豆諸島や東海地方から四国地方にかけては、猛烈なしけとなっている。

この時期は大潮の時期のため、台風の接近に伴い、13日明け方にかけて、北日本から西日本の広い範囲で潮位が高くなる見込み。特に、東海地方では、過去最高潮位を超える記録的な高潮となるおそれ。台風が接近・上陸する東海地方や関東地方を中心に、沿岸施設では重大な災害のおそれがあり、気象庁は高潮や、高潮と重なり合った波浪による浸水に、厳重に警戒するよう呼びかけている。

既に西日本から東日本の太平洋側を中心に、台風周辺の雨雲がかかって激しい雨が降っている。12日から13日にかけて、台風本体や台風周辺の発達した雨雲の影響で、西日本から東北地方の広い範囲で雷を伴った猛烈な雨や非常に激しい雨が降り、大雨となり、東日本を中心に総雨量が多くなって、記録的な大雨となるおそれがある。

関東地方と東海地方では1958年の狩野川台風に匹敵する記録的な大雨となるおそれがあり、大雨の状況によっては、大雨特別警報を発表する可能性がある。13日午前6時までの24時間に予想される雨量は、いずれも多いところで、東海地方で800ミリ、関東甲信地方と北陸地方で500ミリなどとなっている。気象庁は、土砂災害、低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に厳重に警戒するとともに、竜巻などの激しい突風や落雷に注意するよう呼びかけている。

情報提供元:Traicy
記事名:「台風19号、暴風・高潮・大雨に厳重警戒 気象庁「重大な災害のおそれ」