大型で猛烈な台風19号は、12日から13日にかけて非常に強い勢力で西日本から東日本に接近し、上陸する恐れがある。鉄道各社は計画運休する可能性を発表しており、利用者は最新の情報を確認する必要がある。

気象庁によれば、大型で猛烈な台風19号は、10日正午現在父島の南西約440キロメートルにあって、北向きに時速20キロメートルで進んでいる。中心の気圧は915ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は55メートル、最大瞬間風速は75メートル。

東日本から西日本の太平洋側では11日午後から非常に強い風が吹き、11日夜には猛烈なしけとなる所がある見込み。台風の接近に伴って南から暖かく湿った空気が流れ込むため、西日本太平洋側と東日本では、11日午後から大気の状態が非常に不安定となって非常に激しい雨が降り、大雨となるところがある見込み。

12日から13日にかけて、非常に強い勢力で西日本から東日本に接近し、上陸する恐れがある。東日本を中心に、台風の暴風域に入る可能性が高くなっている。

気象庁は土砂災害、低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に警戒するように呼びかけている。また、竜巻などの激しい突風や落雷に注意する必要があるとしている。

鉄道各社は、台風の接近に伴い、計画運休や減便する可能性があると発表している。航空各社は、欠航などの恐れがあるとして、払い戻しや予約変更などを受け付けている。

伊豆諸島発着の旅客船を運航している東海汽船は、既に10日の一部便の欠航を決めたほか、11日以降の運航に影響が出る見込みだ。小笠原海運は、小笠原諸島・父島発着の1往復の欠航を決めた。

情報提供元:Traicy
記事名:「大型で猛烈な台風19号、東日本に非常に強い勢力で接近・上陸する恐れ 鉄道各社は計画運休へ