京成スカイライナー

京成電鉄は、2010年7月の成田スカイアクセス開業とともに運行を開始した3代目「京成スカイライナー」の利用者が、10月1日に3,500万人に到達したと発表した。

同列車は、在来線では国内最速となる最高時速160キロで走行し、都心と成田空港間を最速36分で結んでいる。同社では、利用者3,500万人達成を記念して10月1日より同列車1編成に記念ヘッドマークを掲出して運行しているほか、10月2日には京成上野駅構内にて記念品を配布した。

また、10月26日のダイヤ改正では、「京成スカイライナー」運行本数が約1.4倍に増便し、一部時間帯を除いて終日20分間隔で運行する。成田空港の運用時間延長に対応して運行時間帯も拡大する。

詳細はこちら

情報提供元:Traicy
記事名:「京成スカイライナー、利用者3,500万人を達成 今後はさらなる増便も