エアバスは、ドイツ・ハンブルクの構造組立工場でA320ファミリーの胴体の新しい自動組立ラインを、10月1日より稼働した。

胴体が長い、A321LR型機を考慮した組み立てラインで、20台のロボットや新しいロジスティクスシステム、レーザー計測、デジタルデータ収集システムを備え、品質や効率性を改善した。

最初のセクションの組み立てには、8台のロボットで縦方向のジョイントごとに1,100個から2,400個の穴の穿孔やカウンターシンクを行う、「Flextrack(フレックストラック)」と呼ばれる軽量の自動装置を使用。次の段階では、7軸ロボット12台で、中央と後部胴体、尾部セクションをそれぞれ3,000個のリベットで結合する。

さらに、ロジスティクスと製造の分離、必要に応じたパーツの補充、自動の運搬車の使用など、ロボットの活用のほか、製造の最適化、経済性の向上、リードタイムの短縮を行うため、パーツのロジスティクスでも新たな技術や方法を採用している。

ハンブルクでは、胴体シェルの結合、胴体セクションの最終組立が行われ、パーツには電気、機械システムが装備された後、フランスやドイツ、中国、アメリカにある最終組立工場に輸送される。

情報提供元:Traicy
記事名:「エアバス、ハンブルクで胴体の自動組立ライン稼働