外務省海外安全ホームページ

外務省は、タンザニアでエボラ出血熱による死亡の疑い例が発生したと、世界保健機関(WHO)が9月21日に非公式な情報として発表したことを受け、スポット情報を発出した。

死亡したのは、30代の女性。ウガンダに渡航後に首都のダルエスサラームで高熱を発症し、9月8日頃に死亡したという。共同通信によると、タンザニア政府はWHOに情報を提供せず、タンザニア政府はエボラ出血熱による死亡者は出ていないとしている。これらの情報は非公式の情報として提供された。

エボラ出血熱は、致死率が非常に高い極めて危険な感染症。主に感染者の体液などに触れることにより感染する。感染力は必ずしも強くないものの、安全性や有効性が確立された予防のためのワクチンや治療薬は存在していない。潜伏期間は2日から21日で、発熱・悪寒・頭痛・筋肉痛・食欲不振などに始まり、嘔吐・下痢・腹痛などの症状が発生する。更に悪化すると全身に出血傾向がみられ、死に至る。

詳細はこちら

情報提供元:Traicy
記事名:「外務省、タンザニアでのエボラ出血熱による死亡の疑い例発生でスポット情報