アドリア航空は、9月30日にスロベニアの裁判所に破産手続きの申立を行った。すべてのフライトの運航を取りやめる。

破産手続きの開始までは、3日間の法定期間がある。燃油価格の上昇や競争激化による影響を受けた。先週から多くのフライトを欠航としていた。ロイター通信によると、スロベニア経済への影響が大きく、スロベニア政府が新たな航空会社を設立することを検討しているという。

アドリア航空は、1961年にチャーター便を運航する航空会社として設立。1980年代に定期便の運航を開始し、国際航空運送協会(IATA)に加盟した。スロベニアのリュブリャナを拠点に、欧州の20年位場にネットワークを広げている。2004年12月にはスターアライアンスに加盟している。

ヨーロッパでは、9月にエーグル・アズール航空やトーマス・クックグループが経営破たんしている。

情報提供元:Traicy
記事名:「アドリア航空、破産手続き申し立て 全便運航停止へ