ディズニーリゾートライン

舞浜リゾートラインは、ディズニーリゾートラインに新型車両「リゾートライナー(Type C)」を2020年春に導入する。

2001年の開業、初となる新型車両となる。導入は1編成で、総投資額は信号設備などの更新を含めて約125億円。Cはローマ数字で100を意味するものだという。

「いつでも どこでも だれにでも ディズニーの世界観を提供したい」を開発コンセプトとし、外観は現在運行しているディズニーリゾートラインのアクセントカラーを踏襲し、2色のグラデーションに変更することで、やわらかく揺らめく波をイメージした。

車内はミッキーマウスをイメージしたカラーで、高さが3段階になったミッキーシェイプのつり革、従来の車両より大きくなったミッキーシェイプの窓など、今まで以上にディズニーらしさを感じられるようにした。座席はロングシートで、各車両にフリースペース、3両目と4両目にはワイドフリースペースを設置。先頭車両の展望席はベビーカーや車椅子利用者も景観を楽しめる。室内照明はLEDに変更し、間接照明にしている。

ディズニーリゾートライン ディズニーリゾートライン

情報提供元:Traicy
記事名:「ディズニーリゾートライン、開業以来初の新型車両導入 来春に1編成