JR東日本

JR東日本は、西日暮里駅構内に、文化交流拠点「エキラボniri」を10月11日に、地域事業創造拠点「西日暮里スクランブル」を11月下旬に開業する。

「エキラボniri」は、イベント・ワークショップ等を開催するスペースで、机・椅子(30脚程度)、シンク、プロジェクター、ホワイトボード等の設備を用意する。なお、「niri」は西日暮里駅の鉄道電報略号に由来する。

「西日暮里スクランブル」は、角打ちや八百屋、焼菓子店などのテナントが入居予定の施設で、同社は、地域の飲食店等と連携することで、SDGs等の社会課題に向き合う事業主を支援し、駅を起点とした地域事業を共に創出するとしている。

これら施設の開業は、JR東日本が山手線沿線で進めている「東京感動線」の取り組みの一環であり、今後渋谷駅や新大久保駅などの他駅でも新たな施設の開業を予定している。

詳細はこちら

情報提供元:Traicy
記事名:「西日暮里駅に「エキラボniri」「西日暮里スクランブル」オープン 文化交流・地域事業創造の拠点に