JR東日本、JR東海、JR西日本の3社は、2021年春をめどに在来線・新幹線におけるIC定期券サービスの向上を図る。

在来線では、「SuicaエリアとTOICAエリア(例:小田原~沼津)」、「TOICAエリアとICOCAエリア(例:大垣~彦根)」にまたがる区間の在来線定期券をSuica、TOICA、ICOCAで発売する。なお、各社のICサービスエリアをまたがり、かつ定期券区間外を乗車する場合は従来通り自動改札機を利用できない。また、TOICAエリアを熱海・国府津・米原の各駅まで拡大する。

東海道・山陽新幹線(東京~新岩国間)では、これまでの磁気定期券に加え、Suica、TOICA、ICOCAでの定期券を発売する。また、同区間では在来線IC定期券による「新幹線乗車サービス」も利用できるようになる。

詳細はこちら

情報提供元:Traicy
記事名:「JR本州3社、2021年春にIC定期券サービスを向上 Suica・TOICA・ICOCAエリアにまたがる在来線定期券や東海道・山陽新幹線定期券が交通系ICカードで