日本航空(JAL)は、成田空港の制限区域内で、トーイングトラクターによる自動運転の実証実験を10月31日から2020年3月31日まで実施する。

国土交通省が公募する「空港制限区域内の自動走行に係る実証実験」にJALが応募し、実施するもの。トーイングトラクターでコンテナを自動搬送する。実験車両はTLD社製のTractEasy、遠隔運行管理システムはSBドライブ社製のDispatcherを使用する。

多くの航空機や車両、地上作業員が混在する厳しい条件下で実証実験を行うことで、多様な環境での走行技術の検証や、将来の実用化に向けた課題の抽出に取り組むとしている。

詳細はこちら

情報提供元:Traicy
記事名:「JAL、成田空港でトーイングトラクターの自動運転の実証実験 10月から