シンガポール航空、けいすけラーメン

シンガポール航空とグランキュイジーヌは、日本とシンガポールを結ぶ路線の一部便のビジネスクラスで、10月1日から2020年3月まで「けいすけラーメン」を提供する。

「けいすけラーメン」は、2005年に東京都文京区本郷で竹田敬介氏が「初代けいすけ」をオープン後、日本各地で系列店を展開。近年はシンガポールへも進出している。提供にあたり、ンガポール航空と「けいすけラーメン」のシェフが、日本とシンガポールでテストとシミュレーションを重ねた。機内でも味を損なわないため、味付けや麺を茹でる時間を微調整し、鶏肉を真空調理することで柔らかさを保持するほか、スペイン産の豚肉を使用するなど、素材にもこだわった。

濃厚な豚骨スープにチャーシュー、キクラゲ、ネギをトッピングした「けいすけ豚骨ラーメン」、濃厚なエビのスープにスライスした鶏肉、めんま、キクラゲ、ネギ、柚子をトッピングした「けいすけロブスターラーメン」、濃厚な豚骨をベースにした味噌風味のスープにチャーシュー、キクラゲ、ネギをトッピングした「けいすけ味噌ラーメン」、豚骨をベースにした煮干しでとった出汁のスープにチャーシュー、つみれ、めんま、ネギをトッピング「けいすけ煮干しラーメン」の4種類をローテーションで提供する。

東京/羽田・東京/成田・大阪/関西〜シンガポール線のビジネスクラスのほか、シンガポール発のその他の路線のファーストクラスと、飛行時間が4時間以上の路線のビジネスクラスで事前機内食予約サービス「ブック・ザ・クック」による事前注文で提供する。

詳細はこちら

情報提供元:Traicy
記事名:「シンガポール航空、機内で「けいすけラーメン」提供 素材や調理法にもこだわり