東京電力

東京電力は、台風15号による設備被害・停電状況に関する記者会見を行い、千葉県の停電復旧が難航していることを発表した。

千葉県では、雷雨による作業の一時中断や作業量の増加、夜間作業の想定以上の作業効率低下などのため、復旧が計画より遅れ、11日午前8時時点で、約46万戸が停電している。千葉県では、今日中の停電解消の見通しが立っておらず、停電は長引く見込み。病院などの優先施設には電源車を配備するとしている。情報は東京電力のホームページや公式ツイッターアカウントで発信するとしている。

特に南房総エリアでは、停電や断水などが広範囲に渡っている模様だ。固定電話・携帯電話含めつながらないエリアも発生している。

鴨川市は、停電しているエリアの住民を対象に、市内ホテルで日帰り入浴を実施している。実施施設は鴨川ホテル三日月、鴨川グランドホテル、鴨川館。詳細は鴨川市ホームページに掲載されている。また、勝浦ホテル三日月でも、被災地域の住民に浴場を無料開放している。被災地域では、炊き出しを実施しているホテルなどの情報もある。

情報提供元:Traicy
記事名:「千葉県、約46万戸以上の停電続き復旧難航 ホテルは入浴開放も