KLMオランダ航空は、ワールドビジネスクラス利用者に提供する家をかたどったチョコレートをサステイナブルなチョコレートに変更し、8月26日より提供を開始した。

カーボンオフセットプログラム「CO2ZERO」の一環である、CO2OL Tropical Mix projectに参加しているパナマの農園で栽培されたカカオを使用したもの。チョコレート会社のバリー・カルボーがベルギーでチョコレートを製造した後、オランダのチョコレートメーカーであるフィッサーが最終加工し、出火する。

KLMオランダ航空は、ウェブサイト上から「CO2 ゼロ」の追加オプションを購入することで、パナマの持続可能な森林再生プロジェクトに投資され、自身による二酸化炭素排出分を相殺することができる。

詳細はこちら

情報提供元:Traicy
記事名:「KLMオランダ航空、ビジネスクラスで提供するチョコレートを変更