デルタ成田

デルタ航空は、羽田空港にラウンジ「デルタ スカイクラブ」を新設すると発表した。

広さは824平方メートル、外国の航空会社による羽田空港へのラウンジの開設は、キャセイパシフィック航空に次いで2番目となる。

季節ごとに変わる軽食を提供するほか、無料のドリンク類や季節ごとに変わるカクテル、デルタ航空のマスターソムリエであるアンドレア・ロビンソン氏が選んだワインを提供するフルサービスのバーカウンター、シャワールームを設置する。ほぼ全席に電源を設ける。

デルタ航空は、2020年3月に羽田空港とシアトル、デトロイト、アトランタ、ホノルル、ポートランドを結ぶ5路線を新設することで、ロサンゼルス、ミネアポリス線をあわせた、羽田空港を発着する7路線に拡大。アメリカの航空会社として最大の便数を運航することになる。

詳細はこちら

情報提供元:Traicy
記事名:「デルタ航空、羽田空港にラウンジ新設 シャワールームも設置