山手線

JR東日本は、台風15号の影響で、あす8日は首都圏の各路線で始発から計画運休する。

台風が通過し、風雨が収まった後線路点検を実施するとしている。このため、首都圏のJR在来線全路線で運転を見合わせる。安全確認ができた路線から順次運転を再開するが、運転再開後も、通常より大幅に運転本数が減ることが見込まれるとしている。また、安全確認の結果、被害等が認められた場合は、運転再開まで更に時間を要する可能性があるとしている。

始発から午前8時頃まで運転を見合わせるのは、山手線、東海道線、京浜東北線、横須賀線、南武線、横浜線、伊東線、相模線、鶴見線、宇都宮線、高崎線、埼京線、川越線、武蔵野線、八高線、中央線快速電車、中央・総武各駅停車、中央本線(高尾以西)、武蔵野線、五日市線、青梅線(立川~青梅駅間)、常磐線快速電車(上野~取手駅間)、常磐線各駅停車、総武快速線の各路線。

始発から午前9時頃まで運転を見合わせるのは、青梅線(青梅~奥多摩駅間)、常磐線(取手以北)。始発から午前10時頃まで運転を見合わせるのは、烏山線、日光線、京葉線、久留里線(木更津~久留里駅間)の各路線。また、千葉県内のJR在来線はそれ以降も運転を見合わせる路線がある。

また、湘南新宿ライン・上野東京ラインの各直通サービスは、始発から午前中いっぱいまで取りやめる。特急列車などにも運休が生じる。

東北地方では、東北本線(黒磯~郡山駅間)・磐越東線にて始発から午前中に運転を取りやめる。

詳細はこちら

情報提供元:Traicy
記事名:「JR東日本、台風の影響で首都圏各路線で計画運休 運転再開後も本数大幅減