日本航空(JAL)とトラベルポートは、アクセス国際ネットワークとトラベルポートジャパンの株式を100%保有する合弁会社設立を断念することに合意した。

両社は、JALの完全子会社であるアクセス国際ネットワークと、トラベルポートの完全子会社であるトラベルポートジャパンの株式を保有する合弁会社を設立することを3月19日に発表していた。当初は6月1日に合弁会社の設立を予定し、株式の過半はトラベルポートが保有する計画だった。

トラベルポートは、2016年にガリレオジャパンを買収するなど、戦略的投資を行ってきた。今後も、アクセス国際ネットワークへの開発やホスティングサービスを継続するとともに、JALのグローバル流通パートナーとして信頼関係を維持するとしている。

詳細はこちら

情報提供元:Traicy
記事名:「JALとトラベルポート、合弁会社の設立断念