京成スカイライナー

京成電鉄は、10月26日にダイヤ改正を実施し、スカイライナーを大幅に増便するなど、都心と成田空港を結ぶアクセスを強化する。

スカイライナーは、平日の成田空港駅行きを午前5時40分から午後5時40分まで20分間隔で運転する。午後6時台は1本、午後7時台は2本、午後8時台は1本を運転する。これにより、京成上野駅発は1日29本から41本、成田空港駅発は1日30本から41本となり、約4割増便する。京成上野駅発の始発列車は午前5時58分から午前5時40分に18分繰り上げる。成田空港駅発の最終列車は午後10時30分から午後11時20分に50分繰り下げる。

また、午後11時25分に成田駅に到着する快速を成田空港駅まで延伸し、折返しの普通宗吾参道駅行きを新設する。成田空港駅を午前0時7分に出発し、宗吾参道駅には午前0時23分に到着する。成田市周辺に住む、空港関係者の利用を見込む。

情報提供元:Traicy
記事名:「京成電鉄、10月26日にダイヤ改正 スカイライナーを4割増、終電繰り下げも