日本航空(JAL)は、電子フライトログ・整備記録の運用を日本で初めて開始した。

対象となるのは、運航乗務員や客室乗務員、整備士などが航空機の飛行情報や不具合修復状況を記載する、搭載用航空日誌(フライトログ)やキャビンログ。アメリカのUltramain Systems製のULTRAMAIN ELB version 2とMobile Mechanicをベースに、日本アイ・ビー・エムとJALインフォテック、JALエンジニアリングが開発した。クラウド上に安全にデータを格納するサービスとして、GE Aviation製のAirvaultを採用している。

これまでは紙の書類から手作業でシステムに入力する必要があったものの、航空機に搭載されたiPadや整備士が携帯するiPhoneアプリから入力ができるようになる。これにより、誰がどのような作業を行ったのかを漏れなく確実に記録されるほか、手入力の必要がなくなることで、作業性や生産性が向上する。また、入力内容がタイムリーに確認できることから、これまでは到着後にしか対処ができなかった不具合への準備を事前に行うことができるようになり、定時性の向上にもつながるという。

詳細はこちら

情報提供元:Traicy
記事名:「JAL、電子フライトログ・整備記録の運用開始