日本航空(JAL)は、長距離国際線のビジネスクラスで「MAISON KITSUNÉ(メゾン キツネ)」と「BEAMS(ビームス)」とコラボレーションした新しいアメニティキットを8月下旬より提供する。

「MAISON KITSUNÉ」は、日本人の黒木理也氏とフランス人のGildas Loaëc(ジルダ・ロアエック)氏がパリで立ち上げたブランド。航空会社のアメニティキットを手掛けるのは初めて。セレクトショップ「BEAMS」のアメニティキットは、思わず選びたくなる洋服の柄や素材をモチーフとしたオリジナルデザインとし、約3ヶ月ごとに変更する。

アメニティキットの中には、歯磨きセット、耳栓、アイマスク、ティシュペーパー、保湿マスク、リップクリームが含まれており、「MAISON KITSUNÉ」ポーチ内のリップクリームは、「MAISON KITSUNÉ」のオリジナルデザインとなる。

対象路線は日本発着欧米豪路線。日本発便では「MAISON KITSUNÉ」、日本着便では「BEAMS」のアメニティキットを提供する。

詳細はこちら

情報提供元:Traicy
記事名:「JAL、長距離線のアメニティ刷新 メゾンキツネ、ビームスとコラボ