キャセイパシフィック航空

キャセイパシフィック航空のジェームズ・トン企業問題担当ディレクターは、香港基本法への支持と基本法上のすべての権利と自由を全面的に支持することを強調すると、メディアの質問に答える形で、8月23日に表明した。

ジェームズ・トン氏は、「当社はグローバルに事業を展開する世界有数の国際航空会社であるため、事業を展開している地域のすべての適用法令を遵守する必要があります」としている。これは、香港各地で行われているデモに従業員が参加しているとして、中国政府から圧力を受けているとされる問題の沈静化を図るためのものとみられる。

中国政府は、香港で行われているデモに関わった従業員を中国路線への乗務を禁止しているほか、従業員情報を提出するよう求めている。8月16日には、ルパート・ホッグCEOとポール・ルーカスタマー&コマース最高責任者が責任を取り、辞任している。

詳細はこちら

情報提供元:Traicy
記事名:「キャセイパシフィック航空、法令遵守を強調 香港基本法を支持