ANA(ボーイング787-8型機)

全日本空輸(ANA)によると、現地時間8月15日午後7時23分頃、東京/羽田発北京行きのNH963便(ボーイング787-8型機、機体記号:JA808A)が急な揺れに遭遇し、乗客2名と客室乗務員2名がけがをした。国土交通省は8月19日夜、航空事故に認定した。

NH963便は、乗客214名と乗員11名の計225名を乗せ、東京/羽田を午後5時12分に出発し、北京には現地時間午後7時57分に到着した。急な揺れに遭遇したのは、北京首都国際空港の北東約140キロ付近、地上約5,500メートル付近で、シートベルト着用サイン点灯後間もなくだった。けがをした乗客2名は化粧室付近にいたという。

現地の病院で、乗客2名は右足内側の楔状骨剥離骨折、腰部軟組織損傷、客室乗務員2名も右膝捻挫、腰部挫傷とそれぞれ診断を受けた。

ANAでは原因を調査中で、関係機関による調査に全面的に協力するとしている。

詳細はこちら

情報提供元:Traicy
記事名:「北京行きANA機、ベルト着用サイン点灯中に急な揺れ 4名けが、航空事故に認定