三菱造船は、阪九フェリーから受注しているカーフェリーの1番船の命名・進水式を三菱重工業下関造船所江浦工場で実施した。

1番船は新門司~神戸航路に就航する計画で、「せっつ」と命名された。阪九フェリーはカーフェリーを4隻を保有しており、「やまと」の置き換えとして導入する。艤装工事を経て2020年2月にも引き渡される計画。

「せっつ」は、「星空と海をのぞむ癒しの旅」をコンセプトとし、内装は港町神戸をイメージした。長さ約195メートル、幅29.6メートル、深さ20.6メートル、喫水6.7メートル、総トン数約1万6,300トン。旅客定員は663名で、8.5メートルのトラック約277台と乗用車約188台の積載能力を有する。

情報提供元:Traicy
記事名:「三菱造船、建造中の阪九フェリー「せっつ」の命名・進水式を実施