ジェットスター・ジャパンは、東京/成田〜庄内線を8月1日より1日1便で開設した。

東京/成田〜庄内線はジェットスター・ジャパンの単独路線となり、同社の東京/成田発着路線は14路線に拡大した。

ジェットスター・ジャパンでは、8月と9月に機内誌で庄内を特集するなど、需要喚起に取り組む。SNSなどで若年層への訴求に取り組む。片道1,000円台の割引運賃で早期予約を促しており、搭乗率は他路線とほぼ同等になる見通し。片岡優代表取締役社長は、早期の撤退はないことを明言した。

初便となる庄内行きのGK777便は、東京/成田を午後1時10分に出発し、庄内には午後2時22分に到着。到着時には消防車による放水で出迎えられた。折返し便の東京/成田行きGK776便は、庄内を午後3時3分に出発し、東京/成田には午後4時19分に到着した。いずれもほぼ満席だった。

庄内は1年を通して観光需要があることや、ハイテク企業や大学の研究所が位置しておりビジネス需要も大きいこと、飛行時間が成田から1時間以内で運航しやすいことなどから就航を決めた。ジェットスター・ジャパンによる東北地方への路線展開は初めてで、庄内は東京/羽田線を合わせた2路線が就航することになる。

エコノミークラス「Starter」の片道運賃は4,480円から22,190円。支払手数料、受託手荷物料金は別途必要となる。

ジェットスター・ジャパンは、エアバスA320型機25機で、国内・国際線24路線を運航している。

■ダイヤ

GK777 東京/成田(13:00)〜庄内(14:05)

GK776 庄内(14:50)〜東京/成田(15:55)

詳細はこちら

情報提供元:Traicy
記事名:「ジェットスター・ジャパン、東京/成田〜庄内線就航 初便ほぼ満席