JAL

日本航空(JAL)は、東京/成田〜ウラジオストク線を2020年夏スケジュールより開設すると発表した。

東京/成田を午前11時20分に出発し、ウラジオストクには午後2時45分に到着。折り返し便はウラジオストクを午後4時25分に出発し、東京/成田に午後5時40分に到着する。所要時間は約2時間半。夏スケジュール期間中は毎日運航する。冬スケジュール期間中については別途発表する。機材は、ビジネスクラスとエコノミークラスの2クラス構成のボーイング737-800型機を使用する。

JALによるロシア線は、モスクワ線に次いで2路線目。S7航空との共同運航(コードシェア)によって、日本からウラジオストクへのアクセスはすでに提供している。ウラジオストク以遠は、ヤクーツク、ユジノサハリンスク、イルクーツク、クラスノヤルスク、ノヴォシビルスク、ペトロパブロフスク・カムチャツキー、ハバロフスクへ、S7航空とのコードシェア便でのアクセスができる。2017年11月には、アエロフロート・ロシア航空との包括提携に合意している。

ウラジオストクは、ロシア極東で最大の港湾都市。「日本から最も近いヨーロッパ」として、豊かな自然と新鮮な魚介類を堪能できることでも知られている。ロシア極東は電子ビザの導入によって、急速に観光客が増加している。

■ダイヤ

JL 東京/成田(11:20)〜ウラジオストク(14:45)

JL ウラジオストク(16:25)〜東京/成田(17:40)

詳細はこちら

情報提供元:Traicy
記事名:「JAL、東京/成田〜ウラジオストク線開設 来夏スケジュールから