日本航空(JAL)は、JALマイレージクラブ会員を対象に、2020年1月1日にホノルル発着で運航する、ハワイアン航空の初日の出フライトにマイルを交換できる特典の提供を開始した。

利用する座席に応じて必要マイル数が異なり、4列目から16列目の3席並びは12万マイル、17列目から24列目の3席並びは11万マイル、4列目から16列目の窓2席並びは9万マイル、17列目から24列目の窓2席並びは8万マイル、4列目から16列目の通路側1席は3万5,000マイルとなる。

マイルからクーポンコードに交換した後、交換後1週間ほどでメールで送られるクーポンコードを利用して、初日の出フライトに申し込む必要がある。申込期限は12月24日まで。

ジャルパックのパッケージツアー参加者は日本円、JAL海外ダイナミックパッケージ参加者と初日の出フライトのみ購入は米ドルでの購入もできる。当初はジャルパックが販売するツアー参加者向けにオプショナルツアーとして販売する計画だった。

ホノルル発着の初日の出フライトは、ジャルパックが企画するもので、ハワイアン航空のボーイング717型機を用いて初めての運航する。午前4時ごろにワイキキを出発し、ホノルルのダニエル・K・イノウエ国際空港を午前6時頃に出発。ハワイ島のマウナケア山上空を旋回して初日の出を鑑賞し、マウイ島のハレアカラ山上空を通過して、ダニエル・K・イノウエ国際空港に午前8時ごろに戻る。ワイキキには午前9時30分ごろに帰着する。途中、出雲大社で下車することもできる。オジリナル搭乗証明書、おせち風ケーキ、オリジナル手ぬぐいを配布するほか、ジャルパック旅行券10万円分などが当たるお楽しみ抽選会も実施する。募集人数は105名。

詳細はこちら

情報提供元:Traicy
記事名:「ホノルル発初日の出フライト、マイル交換特典に 他社ツアー利用者にも販売へ方針転換