スクート

スクートは、シンガポール・チャンギ国際空港の発着を現在のターミナル2から、10月22日よりターミナル1へ変更する。同社は2020年末までに新たに9路線の開設を計画しており、発着ターミナル変更により今後見込まれる発着数の増加に対応する。

チャンギ国際空港は過去5年間にわたり、「Fast And Seamless Travel(FAST)」をコンセプトにターミナル1の旅客処理能力の拡張に努め、自動チェックイン機や自動手荷物預け入れ機を出発ロビーに設置するなどしている。到着ロビーでは出迎え場所が拡張され、荷物引き渡し所ではコンベアが2機新設された。

詳しくはこちら

情報提供元:Traicy
記事名:「スクート、チャンギ空港の発着をターミナル1に変更 10月22日から