関鉄 スカニア

関東鉄道は、7月24日より、鹿島神宮駅~東京テレポート線に2階建てバスを導入した。

同路線の走る地域には東京オリンピックのサッカー会場となるカシマサッカースタジアムがあり、バリアフリー化と利用客の増加に対応するために導入した。乗車定員は1回10名、2回48名、車椅子1名の計59名となり、従来に比べ1.5倍ほど増加する。

エンジンはスカニア、車体はバンホール製。2台を潮来営業所に導入し、往復8便すべて2階建てバスによる運行となる。点検・整備などにより従来車に変更になる場合がある。2台とも、東京2020オリンピック・パラリンピック特別仕様ナンバープレートを装着する。

詳細はこちら

情報提供元:Traicy
記事名:「関東鉄道、鹿島神宮駅~東京テレポート線に2階建てバス導入 オリンピック見据え