JAL

日本航空(JAL)はきょう23日、東京オリンピック・パラリンピックに合わせて2020年4月から着用を開始する新制服を発表した。

客室乗務員の制服は、クリエイティブディレクターの江角泰俊氏がデザインを担当した。”Hybrid Modern Beauty”をテーマに、「洗練されたハイブリッドビューティ」「ハイブリッドが生み出す、現代的な美しさ」を表現している。異なる素材を組み合わせたハイブリッドという最新のデザイン手法を用い、ロゴマークの鶴丸とブランドカラーで視認性の高い色を一部アイテムに活かしながら、オリジナリティがあり洗練されて着心地が高い動作性を実現した制服となった。

JAL

ワンピースは、鶴の流線型を表す立体的なシルエット。航空会社の制服では極めて珍しいバルーンスリーブを採用した。候補案に対して集まった多くの意見を踏まえ、袖形状は業務に最適化したボリューム・動きに設計されている。

スカーフは従来と同様、JALグループの各航空会社別に異なるカラーを設定した。新たなスカーフは大判化したうえ、曲線と直線を融合させたデザインとしている。JALの翼で交流を促進していくという意味合いを込めるとともに、テーマの”Hybrid”を視覚化するものとなっている。また、スカーフと同じストライプをあしらったエプロンを新たに導入した。

JAL

地上接客部門や運航乗務員など、その他の部門の制服などの詳報は別稿でお伝えする。

情報提供元:Traicy
記事名:「JAL、2020年から着用の新制服発表 客室乗務員にエプロン導入